趣味としての囲碁

お金や物によって得られた幸せは手に入れた時がピークで、しだいにしぼんでいきます。

もっといいものがほしくなったり、他の人の持ち物がうらやましくなったりします。

一方、体験によって得られた思い出は、徐々に幸せが増幅していきます。

特に子どものときの経験は一生の宝物になります。

囲碁はお金はかかりません。

碁盤や碁石を最初に購入すればよいだけです。

それも何万円もする高いものを無理して買う必要はありません。
(ちなみに自分は1000円で買ったマグネット碁盤を10年愛用しています。)

お金はかかりませんが、そこから得られるものはけっして安いものではありません。

囲碁を通して得られた経験は、脳に刻み込まれて深く記憶に残ります。

囲碁を通して一生の宝物を手に入れませんか?

次のページ成果を発揮する場
1つ前に戻る