陶欣然ー村川大介

先週は19才の名人誕生のニュースが一般メディアでも大きく取り上げられました。
ただ1日経つとやっぱり話題が流れてしまっていました。
ラグビーみたいに世界で勝っていくと取り上げられ方も変わってくるのでしょうか。

キャプチャ
先週行われた世界戦から、黒が中国の陶欣然七段白が村川大介九段。
絶芸の評価値を見ると、白がいい時間が長かったようですが、上図の局面だと半目勝負。
△のハネに黒1のオサエ!( ゚Д゚)
白2から大コウになりました。
そもそも・・・

キャプチャ
<参考図1>
黒1と受けるのが形。
ヨセの問題でありそうな形です。
また・・・

キャプチャ
<参考図2>
仮に白がコウを避けて主張が通ってたとしても、上図との差は1目だけ。
半目勝負ということで、1目をお互いに譲らず大変化になりました。

キャプチャ
しばらくコウ争いが続きましたが、白1のコウダテに黒は反発。
以降白からのコウダテはことごとくガン無視。
一歩一歩重戦車のごとく白地を蹂躙しました。
たまに初心者同士の碁で一方がアタリに気付かず取られ続けるとこんな感じになりますが^^;
さてこのフリカワリは・・・

キャプチャ
白は黒×を取り、黒は黒△を助けながら白×を取る結果になりました。
終局目前で思いがけぬ大変化になりましたが、ここで黒が突き放したようです。
黒5目半勝ち。

村川九段は好局を落としたようですが、一力八段が、破竹の3連勝。
ベスト8に進んでいます。
世界で優勝して囲碁ブームを起こして教室の人集めに貢献してほしいです笑

教室のやり方は常に試行錯誤で、3年目なのでそろそろ出来上がってきたかとも思っていたのですが、まだまだ作っている途中のようです。
いつもお願いしたそばからころころ変えていて、お家の方には申し訳ないのですが、またいろいろ検討中です。
来週の教室は通常通りです。

コメント


認証コード0710

コメントは管理者の承認後に表示されます。