藤沢秀行ー林海峰 第9期名人戦7番勝負第4局

キャプチャ
黒藤沢、白林。白番。
上辺から中央にかけての一団が不安定なので、どう備えるか。

キャプチャ1
実戦は1とツケていきましたが、黒2のワリコミがきつい反撃。
形勢を悪化させたようです。

キャプチャ2
解説によると、上図1くらいだったとのこと。
個人的にはこういう守りの手は逆に勇気がいるように感じます。

「ズバドゥク」というブラウザ上で使える検討ツールを使い始めました。
今まで使っていたLizzieは、いろいろダウンロードするのに数時間かかったのですが、5分とかからず使用開始に至ったので逆に拍子抜け。

これは「リーラ」と「カタゴ」を選べるようになっています。
リーラは今までも使っていましたが、今後はカタゴを重宝しそうです。
カタゴは評価値だけではなく、目数で形勢を教えてくれます。
例えば上の碁だと、評価値は黒90%ですが、それを目数に直すと、5~6目黒がリード、ということになるようです。
90%というとものすごい大差のように感じてしまいますが、実際5~6目程度なら、アマチュアであればいらくでも逆転がある差です。
評価値中毒になっていた視点に、変化をもたらしてもらえることに期待しています。

またブラウザで使えるため、パソコンの性能が関係しないことも1つの利点です。
何十万するパソコンを買おうかと真剣に考えていた時期がありましたが、今後ますます使いやすいものも出てくるでしょうし、自分程度のアマチュアであればその必要はない、というのが現在の個人的意見です。

ただあまりパソコンばかり見ていると目に負担がかかるのが心配です。
ちょくちょく散歩をして、遠くを見るように気をつけています。

コメント


認証コード7530

コメントは管理者の承認後に表示されます。